2015年10月28日

模索

ストーブの作品は具象彫刻であるにもかかわらず、
今までそれほど競争相手がいなかったので、
さながら無人の野を突き進むようにそこここで発表してきたのだけれども、
ここ最近ストーブの魅力に気が付いた芸術家がチラリホラリと散見されます。
私など日曜大工程度の技術しか持ち合わせていないので、
そういう方々の本物の技術力で作品表現をされてしまうと
到底かなわないわけで、最近では煙を作ってみたり、抽象彫刻にチャレンジしたり、
自画像を描いてみたり、犬を作ってみたりと迷走していますが、
そういう学生の時のような、造形の模索がまた心楽しい今日この頃です。
posted by 佐藤一明 at 23:17| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

個展中

思いついた時の書き込みはすっかりフェイスブックにしてしまい、こちらのブログは閑散としていますが、
現在個展を開催中です。

K0031565.JPG K0031563.JPG K0031587.JPG


佐藤一明個展「暮らしのメモ」
2015年9月8日(火)〜9月20日(日)
10:30〜22:00(日曜日は10:30〜20:00)
to ov cafe(ト・オン・カフェ)
札幌市中央区南9条西3丁目2−1マジソンハイツ1F
星1︎地下鉄南北線 中島公園駅 より徒歩2分
posted by 佐藤一明 at 23:29| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

入院生活

退屈過ぎていろいろ撮った。
K0030544.jpg
K0030548.jpg
K0030550.jpg
K0030547.jpg
K0030567.jpg
IMG_6865.jpg
IMG_6866.jpg
posted by 佐藤一明 at 23:21| Comment(0) | 雑文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

入院生活

今回で三度目の入院生活ですが、仏の顔も三度まで、三人寄れば文殊の知恵、三途の川など、先人の三にまつわる言葉を重く受け止めつつ、ヘルニアを今回で卒業したいもの。はみ出る椎間板の部位は毎度同じらしいので、そこを金属で固定して骨で埋めちまって一体化させる手術だそうで、関節がひとつ減りますが、まあ良しとします。手術も終わって、あとは回復を待つのみですが、何せざっくり切った背中が痛くて何もできないので、久しぶりにブログでも更新しようかと思ったわけです。
posted by 佐藤一明 at 11:42| Comment(0) | 雑文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

生きている報告

背中や腰のハリ、白髪増加、物忘れ加齢臭円形ハゲなど、精力的に老衰活動を行っていますが、最近の報告ですけれども痩せまして、自慢ですけど痩せまして、今まで履けずに諦めていたズボンがまさにズボンと履ける。上の服は大きめになりましたが、とにかく念願の体重になりまして、ちょっとスリムでオヤジ的色気を演出したいところですけれども、いろいろなところからしぼんだとか小さくなったとか貧相とか病気かとかおじいちゃん(私の父)に似てるなど、評判はさんざんである。しかし、お腹も凹んだし女性的にすら見える乳も通常の男性に見えるのでよしとします。以上、俺は生きてる報告。
posted by 佐藤一明 at 00:03| Comment(1) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

第12回大分アジア彫刻展結果

痛む腰を撫でながら、第12回大分アジア彫刻展の作品を送った結果は、優秀賞でした。
「最」の字が抜けてるじゃないか!と強がりを言ってみたが、まあ一歩及ばずです。
今後は、もっとハイセンスでヒヤシンスな歌も踊りもイケル感じで行きたいと思います。
以上、よろしくお願いいたします。
posted by 佐藤一明 at 22:26| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

運気の上昇〜思い込みが大切〜

振り返ると、私は日々の生活では貧乏くじを引いたり、
賭け事で勝った記憶が全く無いんですけれども、
人生と言う大枠で眺めるとだいたい運が良い。

それが、ここ数年は細々とした運気も上がっているようで、
年末職場の忘年会ビンゴでは2年連続上位入賞を果たしましたし、
ヘルニア入院では、予想より多めに保険金が入っていましたし、
先ほどの診察では、「手術後の再発は40人に一人」の確立を当てた。

この運の良さを見ればもう、
第12回大分アジア彫刻展の一等賞(63人に一人)も期待できますし、
札幌彫刻賞(2次審査は6月)の5人の中の一人は私に決まったようなものである。

問題は、出品締め切りまであと3週間。
大分アジアの作品が梱包できるかどうか、と、
札幌彫刻賞の模型が制作できるかどうか。

DSC_0226.jpg
梱包を待つ作品(グランプリ受賞予定)


IMG_2968.jpg R0018767.jpg
模型作品途中。正直言うとあきらめムードが漂っている。



どなたか手伝ってくれる人はいませんか。
そうですか。
ああそうですか。
posted by 佐藤一明 at 14:09| Comment(2) | 雑文章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

各種コンペ応募の経過

年末のコンペ応募フィーバーから3ヶ月たってその成果である。

テキストもの星新一賞では当然のごとくの落選であったが、
やはり私は彫刻家ですので、彫刻コンペの第12回大分アジア彫刻展と,
第1回本郷新祈念札幌彫刻賞の一次審査が通った。

札幌彫刻賞は、公共空間に一定期間設置する大型作品であるため、
作品の不燃性についての詳細を言わねばならないのですけれども、
灼熱ストーブ「鎮火」という薪で作った燃えるストーブ作品を、
応募する方も応募する方だが、
通す方も通す方だ、いったいどんな審査をしているのだね、
と、詰問したいところをまあ良いではないかの精神で、
模型作りを行っているところです。

DSC_0228.jpg
大分アジア彫刻展一次審査通過作品もの

IMG_2705.jpg
まあ良いではないかもの
posted by 佐藤一明 at 22:39| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

年末

に向けて、ここしばらく締め切りの波状攻撃を楽しんでおりまして、コンペを見つけては精力的に応募。やる気がはみ出でテキストものにも応募。彫刻がすべて選外でそれが入選したあかつきには、鑿を捨てそちらで身を立てるのも楽しかろう、と夢を見ておりましたところ、先ほど彫刻作品平入選のお知らせが届き、夢から醒めたところです。以上、私は生きている報告。
posted by 佐藤一明 at 19:13| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

二人掛けハイチェア

息抜きに、自宅用の二人掛けハイチェアを制作した。
彫刻制作時には味わえない制作物に対する有用感がやる気をみなぎらせ、
2週間ほどで完成したものである。

R0017073.jpg
R0017090.jpg
家族にもそこそこ好評

次は役に立たなくて無用の彫刻作品に挑む予定ですが、
彫刻作品側としては、役に立たない、とか、無用の、などと、
あまりにもヒドい言われように自尊心に火がついたりして、
コンペで優勝してみせたり、高額で売れるなどして、
「今まで心ない言葉を言って悪かった。」と
私を反省させるかどうかは、自分次第なんですよ。


  
posted by 佐藤一明 at 21:58| Comment(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。